風間教の野望

風間教(かざまきょう)は、神奈川県川崎市を拠点とする宗教法人

 

風間教の組織体系は、風間八宏教祖を中心とし、11人+αの宣教師が川崎市民を中心に布教活動を行っており、その下に『サポーター』と呼ばれる一般信者が存在している。現在の信者数は不明だが、昨年の風間教の土日礼拝会にのべ356,976名を集めていることから、約2万人前後の信者が存在していると推測される。

 

■風間教の教義

・90分間こちらが攻めれば負けることはない。

・サッカーは、相手より多く点を取った方が勝つ。

これらはいたってシンプルなものであり、そしてまた、それは真理でもある。

 

■風間教沿革

川崎の地に風間教祖が降り立った当時、多くの人がその教義が異端であると、批判的な言動を投げかけていた。「0点に抑えろや」「まじめにまもれwww」等謂れ無き罵声を風間教祖は受けていたが、それにもめげず風間今日は教義を訴えた。その結果、風間教祖のありふれた自信と、教義の解りやすさから徐々に信者を集めて行った。

 

風間教の転機を迎えたのは2013年。大久保嘉人といういたって粗暴な青年が風間教の教えに感化され、宣教師となった。入信以前から大久保の能力は万人が認める者であったが、そのすぐ手を出してしまう性格から力を発揮しきれずにいたが、風間教の教え、そして息子の誕生により、その能力はいかんなく発揮されるようになり(ヴィッセル神戸当時92試合25得点。川崎所属後97試合67得点)、風間教の発展に大きく貢献した。

 

■風間教の今後

風間教は大きく発展したが、未だに口さがない人々から「0点に抑えないからいつもいいところまでしかいかねーんだよ」等の批判を受け、風間教祖は教義に下記を追加した。

・ボールを取られてもすぐ取り返せば得点チャンス

この新たな教えにより、今年度は得点力がさらにアップ。湘南戦では「4-4」と引き分けてしまったが、名古屋戦での「3-2」と勝ち越しに成功し、「『0点に守る』ということは『勝つ』という目的のための、あくまで1手段でしかない。」という教義に忠実に従った結果であり、『0点に抑えろ』という意見が如何に誤っているかについての明確な回答である。とは言うものの『0点に抑える』ということも大事な1手段であるとは理解しており、広島戦「1-0」甲府戦「4-0」と(何故か)しっかり守り切って勝てるようにもなってきている※

※ただし、得点力の低い甲府と、調子がいまいちな広島だったことからこれについては今後も注視することが必要である。

 

現在Jリーグ暫定1位。昨日大久保が怪我っぽい話がでているが、成長した小林悠や、幼少から「未完の大器」と呼ばれ開花しそうでしななかった森本が、風間教に感化され今年こそ爆発しそうな様子もあり、去年より宣教師は揃っている。

若干夏バテしやすそうなシステムであることから、夏さえ乗りこなせば、今年こそ、そう!今年こそ初の栄冠を授与できるのではないかと考えられる。というかお願いだから今年こそ優勝してください。憲剛や大久保が元気な今がチャンスなんです。そして風間教の偉大さを日本中に知らしめるのだ。日本のサッカー界を変えるために。