LGBTについて思う事

 

最近議員のLGBT批判が相次いでいるようです。

 

www.asahi.com

www.huffingtonpost.jp

 

そもそも仏教系教団が大本で自民党議員の多くが所属する「日本会議」も、LGBTに不寛容である。

 

 

■何故LGBTが嫌いか

LGBTに対して差別的な発言をしている方々が「だって俺嫌いだから」という個人的価値観を持って発言しているならば、それはそれで理解はできる。

b.hatena.ne.jp

こんな感じに所謂「デブ嫌い」「禿嫌い」等と同列として語る分には、まだ理解はできる。

 

然しながら多くが「日本の伝統的価値観が~」と、その理由を日本の歴史に押し付けようとしている。

 

■日本の歴史はLGBTに不寛容なのか

結論を言えば、LGBTに不寛容になったのなんて、明治以降~戦後から精々100年程度。

明治以降、海外からやってきた知識人から欧米のキリスト教的価値観が輸入され、結果LGBTに関して不寛容となった。(鶏姦律条例(明治5年)等)。

ただし、明治以降も男性同士の行為というものは存在しており、例えば森鴎外が美少年好きの話かいたり、大正~昭和あたりでは、いわゆるゲイバー/ゲイクラブが存在していた。LGBTに対し日本が決定的に不寛容になったのは、戦中(同盟国であるドイツ(ナチス)に配慮して)、戦後からであろう。

 

では、江戸時代以前はどうだったのか。

有名所で言えば

・江戸時代

 新撰組内部で男色流行って近藤勇が困ってたり。

 「東海道中膝栗毛」で同性愛の話書いてあったり。 

 葛飾北斎とか同性愛の春画かいてたり。

・戦国時代

 小姓という制度があった。(十代のうちに下につき、愛し合ったりすることで
 絆を深る。結果、大名の重臣となる)

 織田信長×守蘭丸

 織田信長×前田利家

 武田信玄×高坂昌信(信玄浮気がばれて謝る手紙とか残ってる)

 etc...

室町時代

 衆道大ブーム。三代将軍足利義満が能役者の世阿弥にぞっこんだったり。

・鎌倉時代

 神皇正統記に「今男色がブーム!」と記載あり。

奈良時代

 仏教ブームと共に男色もブーム。「稚児灌頂(坊さんと稚児の初夜の儀式)」とか
 あったり。

 

まあそもそも「日本書紀」に同性愛についての記述がある、という話もある。

 

日本の歴史というものは割と男色の歴史でもあるわけです。で、「日本の伝統的価値観」って何?と、思うわけです。

 

■何故わざわざ批判的主張をするのか

個人的にはこれが一番わからない部分。

別に他人なんだし男性同士好きになろうが、女性同士好きになろうが勝手にすればよいじゃないですか。なんでわざわざ他人の嗜好・志向を批判するのか。別に他人である男性同士・女性同士が恋愛しようが結婚しようが、批判している方々に損害があるわけでもなく。

「同性愛では子供できないから少子化に!」とかありますが、同性愛を規制すれば男女で恋愛するとでも思っているのでしょうか。本気で。

 

別段デメリットがあるわけでなく、メリットがあるわけでもなく。なのに何故これほどまで彼らは差別をしたいのか。そこが理解すらできないわけです。

 

なのに、何故彼らは自らを窮地に陥れることとなるとわかっていても差別的発言をするのか。誰か理由を教えてください。まじでわからんので。